思い付くまま気のむくまま、テーマもできるだけ幅広く

08年06月20日

シゲキブログの始まりでございます。
むかし養老孟司と樹木希林が進行役を務めていたNHKの番組をご存知でしょうか?内容も映像も音楽も良かった素晴らしい番組でした。
私は文系人間で特に数学や理科が苦手でした。そのうえ脳を研究するなんてどんな人だろう。もはや尊敬を超えて驚きの対象です。
でもこの番組は面白くかつ楽しかったのです。「ヒトの脳の深層には人類の記憶が蓄積されている」という締めくくりであったと記憶しています。

養老孟教授はその後「バカの壁」の著者として更に有名になりました。この本の内容を私は、はっきり記憶してないんですが、「解ろうとしないこと」が無知の始まりと記憶してます。
知らないことにも興味を持つことが脳の活性化につながるんですね!
シゲキブログの第1号は以上です。最近読んだ本を紹介するはずが前置きだけで終わっていまいました。
次回は茂木健一郎氏の本の感想をツラツラ書きます。