ブログ臨時

09年08月07日

本日は東大寺大仏様のお身拭(ぬぐ)いに行ってきました
いわば年に一度の大掃除です
まず朝6時に集合、お水取り期間に練行衆も使うお風呂をお借りして身体を清めます
(沐浴といいます)きれいなお風呂です
ただお手伝いの我々の数も相当なもの
おそらく150人近くいるでしょう
湯船には5・6人入っていっぱいという具合です

大仏様のもと白装束の男たちが頭にタオル口にマスクという完全武装?で集まります
上野道善管長を導師としてまずは一旦大仏様の魂を抜くところから始まります
般若心経を読呪して儀式が終了
各自持ち場につきます
初参加の私の受け持ちは蓮弁
正座している大仏様の周りの蓮の葉っぱです
とにかくひたすら上から降ってくるほこりをはたきで落とし、ほうきで集めます
大仏様の上半身はゴンドラに乗った人の仕事
ゴンドラは合計3つ
各一人乗りです
ロープを下から引っ張ったりゆるめたりしながらほこりを落としていきます
休憩をはさんだ作業は10時には終わり、消火用ポンプのテストで大仏殿の屋根などから水が放たれます
各自もう一度お風呂で汚れを落として解散となります
それにしてもどうしてこの大変な行事が暑い盛りの今行われるのか
8月15日のご開帳に備えてなのか
それともこれも修行なので厳しい環境の中あえてこの時期なのか
また勉強しておきます
はたきとほうきを使いなれない私は明日筋肉痛でしょう

できれば来年も参加して新たな角度からレポートいたします

次回テーマは再度『最近読んだ本』とします
いいの読んでますんで(これから下巻)
以上