高校時代

10年06月18日

今年は何故か過ごしやすい気候が続きます
皆さんはいかがですか?
奈良も先日梅雨入りしました
これからはひと雨ごとに夏本番に近づく季節の変わり目です

さて今回のテーマは予告通り「高校時代」
うまい具合に高校の最寄り駅を通過したところです

わずか3年のことながら思い出は結構あります
球技大会、修学旅行、朝礼、円形校舎、面白い友人
などなど

やはり恩師三名(担任)のことを書きたいと思います
1年生
担任は堀田先生(現国)50人ぐらいいた男ばかりの教室
いつも汗をふきふき授業されてました
大学を卒業されてすぐの頃だったらしくベテランの副担任もおられました
当時の校長先生のお葬式で久しぶりにあいましたが全く変わっておられませんでした
私の事を覚えていてくださりとても嬉しかったです
2年生
杉原先生(英語)
なぜか成績が大きく下がった年でした
なかでも数学の成績はひどく
「阪大生にいった教え子が奈良にいる」
ということでそれから二年間その方のご自宅に通いました

3年生
平川先生
母校に同窓会が発足してからは時々お目にかかっています
生徒思いの少々ぶっきらぼうな(言葉が)熱血先生です

担任の三人ではこの先生が一番恐いです
本質を見抜かれていたと思います
違った意味で恐かったのはなんといっても副校長!
「今多くの同窓生の皆さまの相づちがみえました(笑)」

ちょっと脱線してしまいました

とにかくこの三人の担任の先生のおかげで怠け者の私が勉強する癖を身につけられたのです
内容もっと書けるんですけど今回はここまででご容赦下さい

他の科目の先生も山ほどお世話になりました
何よりも校長先生、副校長先生(現校長)には幅広くご指導頂きました
以降の本欄で改めてご紹介させて頂きます

ブログ書きながら何故か緊張する小林でした(しかも敬語満載で)

堀田先生
この作文は何点ですか?
以上
次回は幼稚園です