修学旅行

11年06月21日

キャプション
大阪駅ずいぶん変わりました

今回は「修学旅行」がテーマです
少し減ったとはいえ奈良公園周辺には修学旅行とおぼしき中学生達の姿が目立ちます
5月は修学旅行のバスの行列で奈良市内の道が渋滞するほどでした
訪れる人の数すなわち「交流人口を増やす」ことは多くの町が取り組んでいますが
奈良はそういう意味では恵まれています
NHKの昼間の番組も奈良ホテルの特集でした
番組のゲストが「今も営業してるんですか」と尋ねたのには笑ってしまいました
レトロというかクラシックというか

さて「修学旅行」
中学校の修学旅行は九州でした
いい思い出ですが同じクラスの友人が体調壊して奈良に帰った記憶があります
熊本の水前寺公園も覚えています

1979年の修学旅行
先日中学校のバレーボール部が退職した顧問の先生を囲む同窓会がありましたが
修学旅行の話題となりました
実は私が属していた男子バレーボール部は奈良市の予選を勝ち進んでいたにもかかわらず修学旅行を優先して以降の試合を棄権したのです
そのことは確かに覚えていますがあまり大きな決断とは何故か思わなかったです

棄権について色々意見きいたらもめたかも知れません
そして決断した人は苦しんだと思います

この話を家内にしたら「わたしの頃は部活で修学旅行いかないのがある意味ステイタスでかっこいいもんやった」
というんですが
皆さんどう思います?
ところで同窓会で顧問の先生が当時のスパルタ指導を少し反省しておられましたが
意外でした
いい指導だと思います
年代を越え34人の教え子が集まりました

修学旅行か県大会か
あの決断は先生ですか?
親が意見いう時代ではなかったし・・・
まさかキャプテンの福岡?

今回のブログ
一見軽そうでいろんなことを考えながら書いてます

次回テーマは「九州」
いつもご愛読ありがとうございます