文部科学委員会

13年03月15日


前号で衆議院の常任委員会は17委員会あり、
私は文部科学委員会の所属であるとお伝えしましたが、初めての文部科学委員会が衆議院本館3階にある第3委員会室で開催されました。
下村博文・文部科学大臣所信では、安倍内閣が掲げる最重要課題の一つが「教育再生」であることを念頭に、日本の将来を担う「人」を育てる教育の再生と、社会・経済の発展の源となる科学技術イノベーションの推進やスポーツ・文化芸術振興など「未来への先行投資」である文部科学行政の充実に全力を尽くすという強い決意を述べられました。
平成25年度予算では、一般会計約5兆円、東日本大震災復興特別会計約1800億円、エネルギー対策特別会計約1100億円について説明がありました。

主な概要は、
① 将来を担う次世代の育成を図り、世界トップレベルの学力、規範意識、歴史や文化を尊重する態度を育み教育再生を推進すること。
② 安心して教育を受けることができる社会を実現するためのカウンセラー配置等いじめ問題対策。
③ 公立学校施設の耐震化。
④ 絆づくりと活力あるコミュニティを形成するため、学校支援地域本部、放課後子ども教室、コミュニティ・スクールなどへの取り組み。
⑤ 次世代エネルギー技術の開発やiPS細胞等を用いた再生医療・創薬。
⑥ 産学連携による国際科学イノベーション拠点構築など。

今後は、大臣所信や平成25年度予算に対する質疑を行う予定ですので、引き続き、質疑の様子をお知らせいたします。