臨時国会始まる。

13年08月02日

第184回国会開会式 クリックすると拡大写真がご覧いただけます

8月2日から7日までの日程で第184回国会が招集されました。7月21日投票の参議院通常選挙後初めての国会招集で、通常国会閉会後約1か月ぶりの国会ですが、それに伴い自由民主党の勉強会も再開されました。出席した最初のメニューは国防部会です。自民党本部会議室において、小野寺防衛大臣、防衛省幹部が出席し開催されました。

DSCF6223

政府は、本年度中に防衛大綱を見直すこととしており、本日の議題は「防衛力の在り方検討に関する中間報告」である。見直しの背景として、中国の我が国周辺海空域における活動の急速な拡大や北朝鮮のミサイル発射など、わが国周辺の安全保障環境は一段と厳しさを増しており、米国はアジア太平洋地域へのプレゼンスを強調し、同盟国との連携協力を指向している。更に、東日本大震災を経験し、自衛隊は様々な教訓を得たことがあげられる。

冒頭、小野寺防衛大臣から報告に関する挨拶があり、担当者から説明を受けた。概要は主に7項目で、1.安全保障環境。2.我が国自身の努力。3.日米同盟の強化の方向性。4.アジア太平洋地域における協力の推進とグローバルな安全保障環境の安定化への取り組み。5.防衛力の在り方。6.防衛力の能力発揮のための基盤。7.防衛省改革との連携。これらについて報告があり意見交換を行った。

DSCF6228

DSCF6226