和食

14年01月19日

皆さん寒くなりましたね
本日は年に一度の自民党大会です
帰りの新幹線車窓から富士山が凛として見えました
米原周辺は雪景色でした

さて本題
テーマは「和食」ですね

年を取るにつれて和食の良さがわかってきました
身体の構造が変わってきたからでしょうか
先ほども品川駅売店で何にしようか思案し
結論は
「ミニうなぎ弁当」
「ミニ!」ですから
ハンバーグや中華や好物のカツサンドではなく
最近太り気味なんで

昨夜は豆腐料理でしたがとてもおいしかったです
あぶらげにネギと生姜を乗せて甘めのしょうゆをかけていただきます

素材がいいし味付けの工夫もある
身体にもいいと安心して食べられます

「和食」が世界遺産に登録とは驚きですが後世に伝える価値があります
料理人の皆様にとって励みになったことでしょう

奈良にうまいものなし
そもそもこんな言葉はありません
観光地にいくとありきたりなルートを周りありきたりな料理を食べるからでしょう
名物にうまいものなしというのはあったかも知れません
(すいませんお調べ下さい)

奈良県をさらに質の高い観光地として発展させるには
現在推進中の国際的ホテル誘致に加えて美味しい食べ物屋さんを増やすことですね
各地にあらゆるジャンルで
大和野菜や地鶏・牛も武器です
建物を含めこれらを上手く組み合わせたのが「粟(あわ)」です
今も予約でいっぱいでしょう

素朴で健康的というのがキーワードです

シゲキの好物は洋食ではないのか!
のご指摘もありますが
確かに・・・

和食の良さがわかる大人になりたいと思ってるんです
「おいしい奈良県産米を食べよう!」

珍しくうまく締まったなあ

次回ブログは「雑誌」をテーマに書きます

初公開シゲキの晩餐

初公開シゲキの晩餐