「行って来たまち仙台」

14年05月08日

貴重な新谷寅三郎参議院議員の写真

FJ310125

4月ブログは約束の二回書けずお詫びいたします

今回テーマは「行って来たまち仙台」

衆議院文科委員会の一員として仙台での地方公聴会に参加して参りました

4月23日の朝に東京駅ホームに集合
そして夕方には東京に戻ってきました

現在文科委員会では教育委員会制度改革について議論しております
党内での議論を終え異なる会派間で相当時間をかけて法律制定にむけた話し合いが進められています
教育の現場における問題解決のための法案づくりという重要な仕事をさせていただいております

日頃は国会議事堂分館(新しい4階建)が議論の場ですが
今回は地方に出向き重要法案に対して有識者から意見をお聞きしました

奥山恵美子仙台市長をはじめとする三人の意見陳述人の意見開陳に対し私も質問の機会をいただきました
政府案に関し首長の責任と権限は適切か?対案(野党案)に関して求められる教育委員会機能どのようなものか?
など質問いたしました

私は小学校と中学校が公立でしたので教育委員会の方針が学校に伝えられていた訳です
今自分が受けた教育に関し問題を感じていることはありません
しかし知らず知らず本来のあるべき教育から離れているケースがあるのかもしれません
ただ一部の例外を取り上げ必要以上に制度を変えてしまうのも問題です
制度そのものに問題があったわけではなく
これまでの体制では様々な問題がわかりにくくなってしまう構造にあったと評価するべきでしょう

今後も学校の運営は現場の先生によるべきと思います
社会の中で熱意と見識ある先生が孤立しないよう願っています

今回の仙台出張
実り大きものでした
仙台名物「せんだいメディアテーク」はボランティア団体や教育福祉に関する団体が入居しているそうで
設計者の伊東豊雄氏は大震災後、心通う仮設住宅の設計者してさらに注目されています

偶然にも奥山仙台市長はこのせんだいメディアテーク館長を過去に務められたそうです

次回テーマ
あまり書かない食べ物の話題
「奈良のお菓子」