「駅弁」

14年06月17日

昨晩はなすび亭弁当
FJ310149

今月2回目のブログ
「駅弁」です

昨晩食べた「なすび亭弁当」
はて?どこの弁当だったか
美味しく頂きました
看板と思われた茄子は一切れだけ
メインはそぼろ親子丼
完成度はかなり高く点数つけると85点ぐらいの価値はあります

昨年来数え切れないほど新幹線に乗ってますが
行きも帰りもいろんな駅弁を食べてきました

三つほど紹介しましょう

その一
京都ばらずし(すいません忘れたので仮称)
たしか福知山あたりの名産と記憶してます
寿司飯に甘い魚のそぼろや玉子や椎茸や紅生姜が散りばめられたも
箱がいい香りです

その二
貝づくし弁当
あっさりローカロリーでいて味わい深いです
シゲキ的弁当論から言いますと当たり外れのないのは「色ご飯系」
他にもアナゴ弁当もよく食べてます

その三

ゐざさ寿司(オリジナル六個入り)

ネタはおなじみのサバ、サケですが軽くあぶってます

添えてある柿の葉寿司由来の文章もなかなか読ませます

ゐざさ寿司は数ある柿の葉寿司のブランドの一つ
社長は吉野出身中谷さん
たまたま京都産の弁当以外が買いたくて
ふるさと奈良の柿の葉寿司を懐かしく思い京都駅売店で思わず買ったというわけです

ただし店員さんは京都のかたでした

駅弁とはいえないけど新幹線ホームでしか買えない名物が「サンドイッチ専門店」

シンプルですが手作りでこれぞサンドイッチという感じです

同僚の田野瀬太道議員はポテトサラダサンドがイチ押しです
わたしは野菜ハーフサンドをよく買ってます

新聞・読書・メール
ここに駅弁を加えて
京都~東京間の137分が満たされます

末筆ながら
紹介できない柿の葉寿司会社の皆様にお詫びします
田中様(柿の葉すし本舗たなか)
宮倉様(柿の葉ずしヤマト)
平井様(柿の葉ずし総本家平宗)

たなかはノーマルないなり寿司がバツグンです!

とフォローしておいて
今回は以上です

次回も続けよう食べ物シリーズ
今月の日経朝刊連載にちなみ「ビール」