石破大臣来寧報告

14年09月26日

石破

9月12日(金)自由民主党奈良県第一選挙区支部主催で街頭演説会を行いました。

場所がJR奈良駅前東口(観光案内所前広場)、週末という事もあり、大勢の方に集まって頂きました。

私が司会進行を務め、荻田義雄、新谷紘一、宮木健一 各県議が県政の課題と解決に向けての抱負を訴えました。そして、石破茂・地方創生担当大臣が登壇、「少子高齢化社会、地方がどのように復活するか、これが最後のチャンスだ」と檄を飛ばされました。

演説中、歴代総理19人の名前を順に挙げ、「国際化社会で信頼されるには(めまぐるしく総理や外相が変わる)不安定な現状ではいけない」また、「地方の自主性を重んじ、特色ある具体的なアイデア、やる気のある人がいれば政府が支援する」と、地方創生の手法に言及されました。県営プール跡地の国際ホテル誘致にも関心を示され、やはり観光立県としての可能性をいかに追求するかが、奈良県経済飛躍の鍵になると思います。

この後、引き続き、ホテル日航奈良におきまして『政策研究会 まほら』を開催し、石破大臣は30分に亘り講演頂きました。