自民党本部より「熊本地震被災者支援募金」へのご協力のお願い

16年04月23日

自民党本部より「熊本地震被災者支援募金」へのご協力のお願いについて

2016年4月14日に発生した熊本地震により、甚大な被害が発生しました。

亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い
申し上げます。

自由民主党では、熊本地震被災者支援募金の活動をしておりますので、
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

自由民主党奈良県第一選挙区支部
支部長 小林 茂樹

 

「熊本地震被災者支援募金」へのご協力のお願い

平成28年4月17日

4月14日以降断続的に発生している熊本県・大分県を中心とした九州地方の地震では、大変大きな被害が出ており、現在、政府を中心に被災者の救命救助に総力を挙げているところです。
自由民主党は、政府を全面的にバックアップするとともに、被災者支援のための募金活動を実施いたします。皆様からの温かいご支援をお願いいたします。

熊本地震被災者支援募金口座
金融機関:りそな銀行 衆議院支店
口座番号:(普)0072699
口 座 名:自由民主党熊本地震被災者支援募金
受付期間:平成28年4月18日(月)~6月30日(木)

2015年活動報告 『秋』

リンク

FJ310433
8月29日 稲田ともみ政調会長セミナーに姉と参加(私の姉です)@帝国ホテル大阪

FJ310444
9月6日 三田会家族会は開創1200年を迎えた高野山へ

FJ310445
9月9日 その高野山ゆかりの丹生都比売神社(にうつひめ)にも縁があり訪問

FJ310464
10月17日 もう一人の小林茂樹さんは奈良交通の運転手さん(顔写真はFBに)
FJ310471
10月24日 韓国慶州JCの友人と嬉しい再開@奈良ホテル

2015年活動報告 『夏』

15年12月26日

FJ310391
7月12日 街頭演説@JR奈良駅
憲法改正を訴える

FJ310400
7月23日 地蔵盆法要@帯解寺
来年は一緒に歩いてみたい

FJ310402
7月25日 地区夏祭り@明治小学校
ここにもあった二宮金次郎像

FJ310414
8月2日 ボーイスカウト世界ジャンボリー@ 山口県 きらら浜
奈良の隊員激励

FJ310419
8月13日 同窓会@千日前「天秤棒」
高校時代のクラスメートと(誰が先生かわからない…)

2015年活動報告 『春』

15年12月25日

FJ310275
2月25日 おんだ祭@菅原天満宮

FJ310283
3月2日 母校卒業式にて平岡校長と@清風高校

FJ310357
5月3日 森本勝也日本JC副会頭@憲法改正の集い

FJ310373
5月23日 地元小学校運動会@都跡(みあと)小学校

FullSizeRender
この頃新しいポスター検討中(どこかにひまわり入れたいな・・・

テレビ出演予定

14年12月09日

12月10日(水)18:30頃
NHKで放映予定ですので、是非ご覧下さい。

写真 (14)

長旅

14年10月29日

FJ310235

皆さまこんばんは
今から静岡です

といっても日帰りですが
明日も日帰りで静岡です
国会会期中なんで東京を起点に動いてます
新幹線で一時間
となると日帰り圏になってしまいますね

前回は「秋の果物」
今回は「長旅」です

最近の長旅といえば
2011年の金沢に始まる長旅が印象的です

金沢・岐阜・神戸・横浜
と移動したはずです
用事はそれぞれ
取引銀行の会
社会福祉の研修
大学同窓会
などでした

もしかしたら以前にブログで書いたかも知れません
あの旅で初めて神戸空港を利用しました
中津川から名古屋までローカル線での電車旅もレトロな雰囲気でし
むかしソニーが「旅カセ」という小さなカセットプレーヤーを売り出してました
旅カセの広告を見て大人になったら電車であてのない一人旅をしてみたいと思ったものです

誰でも一度は一人旅に憧れるのかも知れません

冒険心?はたまたセレンディップというのかな?

石破大臣も電車好きだそうです

大学卒業旅行(インド)も新婚旅行(エジプト)も長旅でした
2001年の韓国ミッションも大邱~慶州と長旅でした
2004年ラスベガス世界大会(国際青年会議所)
も思い出深いです
肝臓移植を待つ福田先輩の為に集まった善意の募金
福田憲洋先輩は先日亡くなられましたが
暖かい善意は忘れることはありません
病と闘い生き抜いた先輩のことも我々の記憶に刻まれています
合掌

さてそろそろ静岡
お隣に住宅業界の役員さんが乗ってこられました

旅につきものの「偶然の出会い」です
行き先が同じだから偶然でもありませんが・・・

静岡の食べ物を楽しみにしています
わさび漬けかな

今回は「短旅」でした

次回は書きそうで書かなかったテーマ「散髪」

中央高速道路

14年09月17日

FJ310225
30年前の、初めての長距離ドライブさながらに
長く、だらだらした文章で失礼しました
今回は、簡潔にまいります

そういえば、この夏行われた”リニア促進の会議”で
「リニアで移動時間短縮!あいさつも短縮!」という、くだりはふるってた
堀井巌議員、さすがです

中央高速の思い出

社会人として初めて迎えた夏休み
大学軟式野球同好会の後輩達の激励で、河口湖を訪ねました
グランドのベンチで後輩達と写真に収まる姿は、
私の結婚式スライドで披露したぐらいに気に入ってます
近くのスナックで懇親会
めったに味わうことのない、お山の大将気分です
灰皿でリズムをとる、地元のおじさんと意気投合
大杉君覚えてる?

翌日は中央高速の下り
途中、なぜか気が向いて高速を降り一般道へ
確か、軽井沢付近と記憶してます
見知らぬ町を散策したい気分だったのでしょう
夏なのにどんよりと曇って、肌寒い天候でした
和田峠という地名もありました

銀行でお金を引き出しガソリンスタンドで給油
再び中央高速本線へ

岐阜県あたりを走行中、驚きの光景が広がります
真っ暗な夜空
前方に見えたのは「打ち上げ花火」
次々打ち上げられます
徐々に近づいて、目の前に浮かんでは消える極彩色の花
バックミラー越しに見送りました

本当に偶然ですが予期しない感動
今でも覚えています。

さて「乗らなかった中央高速」というのもあります
2011年3月11日
東京で開催された、青年会議所シニア会議に参加した我々奈良JCシニアクラブ
会議はもちろん途中で中止
東名高速はストップしたものの、仲間達はワンボックスカーで中央高速に乗り
無事翌朝奈良に帰り着きました
私は、後輩が予約していた一室があったため、東京に残ったというわけです

あの日(および数日か)東名高速の代替機能を果たした中央高速

新幹線も同様のことが言えます
万が一、あるいは大規模改修への備えは必要です

東海道と中央道は相互補完機能を果たしてきました
リニア促進もこの趣旨もあり、促進されています

ぼちぼち東京到着。次回は「秋の果物」

ビル

14年03月31日

スペイン村のキャラクター
FJ310086

 

みなさんビルと言ったら何を連想しますか
「待ち合わせ場所」というのはキザかな

私が奈良の企業人時代に取り組んだビルづくり
地元西大寺駅前に造ったビルのコンセプトは「奈良の新しい待ち合わせ場所」と密かに思ってました

都市部のビルはそれこそ思うままに個性を発揮すれば自ずと調和がとれるのかもしれませんが
地方の場合は町の印象を左右します
派手でも地味でもいけない

奈良のビル業者は高さ制限や用途(住宅・商業・工業)に始まり景観づくりにも責任を負っています
それだけにいいものを作れば長く残るのかも知れません

比較にはなりませんが建造物という視点では奈良の地で永く残るも
それが社寺仏閣です
魂のこもっているものは修復あるいは再建されます
誰のものというより国の財産です

仕事柄か訪れる町では大規模ビルに目がいきます
楽な事業は何ひとつありませんから

恵まれた立地に甘んじることなく賑わい(逆に落ち着き)を追求し素晴らしい作品が地域に生まれてほしいと願っています

そういえば「仙台メディアテーク」もJCの会議の途中で見に行きました
設計者の伊東豊雄氏はその名が冠せられた賞ができるほど評価が高まっています

最後に
本日は「笑っていいとも」最終回
残念ながらのぞみ車中にて見られませんが
「なぜやめるのか?」
それを知りたいです
タモリさん
実はわりと好きです

「スタジオアルタ」はこれからも東京の人たちの待ち合わせ場所です

次回「行きたい町」

 

「九州」

14年03月20日

FJ310108

さかなクンと吉野議員

 

本日は全国的に雨模様です

花粉症の方にとっては良いコンディションでしょうか

前回テーマは「テレビ出演」でした
これがどうして今回のテーマ「九州」になったのか
思い出せませんが
早速本題へ!

「九州」
中学校の修学旅行で熊本に行ったことは以前ブログで書きました
今回は青年会議所の用事で一年間九州に通ったことから振り返りま

その町も「熊本」でした
1997年
熊本青年会議所が全国大会を主管することになり予算を持つ主催者が委員会を組織して助言と応援をする
というものです
私は他の4人の先輩とともに全国から集まった委員会の一員として熊本をたびたび訪問しました

まず思い浮かぶのが
1オープニングを飾った和太鼓のお兄さん達
そして
2会場となった体育館
3テーマソング「太陽がくれた季節」
いくらでも思い浮かぶもんですねえ

大会前日に来賓席の順位で色々ありました
熊本青年会議所のメンバーと仲良くなったのもともに苦労したからです

苦労の元は
要領の悪さ
経験不足
二重組織

などで結構回り道していたのかも知れませんが
最終的にどうやって成功にこぎつけたのか
熊本青年会議所の姿を見てわかったこともあります

開催場所決定には複数候補が争うことや
決定から開催まで数年かかることなどは
オリンピック&パラリンピックと共通点があります

昨年の青年会議所全国大会は奈良で開催されました
現役会員が得たものは大きいと思います

先週シニア会員(いわゆるOB)の総会が開催されましたが
記念講演は竹田恒和JOC理事長でした
オリンピックは大きな試練でありかつ明るい希望となりうるもので
竹田理事長の講演を熱心に聴いておられたのが全国大会開催当時の野々口理事長でした

九州では広域連携の議論が始まっています
単独県で解決できない大きなテーマに対し各県がどんな役割をはたすのか
地方分権の具体策はいまだ固まっていません
前向きに現実認識を踏まえて進めて良き実例ができればと思います
その点では九州と関西の競争といえるでしょう

最後は少し難しくなりました

次回は「ビル」といたします