歯医者さん

14年11月21日

「あっという間に東京到着」
141121_1051

のぞみ車窓から美しい富士山が見えます
その大きさに感謝と畏怖を感じます
山の災害は今年の大きな出来事の一つでした

さて前回ブログで書き忘れたことがあります

どうでもいい話題かも知れませんが
髪型と髪質のことを少々
髪型はソフトな刈り上げ
清風高校の校則をいまだに守っております
髪質はくせ毛
父の喬の遺伝です
なお「散髪」は2011年2月頃ブログで書いたようです(記憶にないけど)

さて今回のテーマ「歯医者」

ちょっと言い方が乱暴でした
「歯医者さん」「歯科医師」
が適切ですね

私が前回の「散髪」に「歯医者」と続けたのには理由があります

両者には共通点が二つあります

1行きつけを簡単には変えられない

2いざ座ると任せるしかない
という点です
厳密には行きつけの歯医者さんは変わってるんですが
周り回って幼い頃に行った歯科医院の分院?にお世話になっています
つまり前回紹介した「理容スワン」の近所

今お世話になっている先生の高い能力にはいつも感心(感動かな)しています
治療方法や治癒期間
いわゆる見立てがビシッと正確なんです
「この先生に任せて痛かったら仕方ないな」
ぐらいに思ってしまいます

少し熱が入ってしまいました
そんなにいつも虫歯になっている訳ではありませんよ

昨年まで社長を務めていた会社の訓示で
この事例を紹介して「不動産会社の社員としてこここまで『信頼』されるようになろう」と言ったこともあるぐらいです

それにしても歯って本当に大事な身近な健康ですね
歯が丈夫だと健康で長生き
実感します
前回紹介した奥野先生ご子息
現在奈良県連会長の奥野しんすけ衆議院議員曰く
「歯医者行ったことがないな」
清潔・健康・強靭
親子で地でいっておられます

理容美容と医科歯科に共通のものは
政治の実践者である私が心がけるべきものでもあります
日々の行動の積み重ね
それも正しい方向で

すいません今回は自分に言い聞かせるような内容でした

次回以降はブログとFacebookが混在してしまうと思います
とりあえず次回テーマは
「父と私」としておきます

「散髪」

14年11月18日

141118_0951
「そろそろ散髪だ!」

東京への新幹線のぞみ車中からブログ更新いたします

衆議院解散となれば
今の臨時国会で東京に行くのはこれが最後になるのかもしれません

気がつけば140号を数える「時々更新シゲキブログ」
「ブログみてるよ!」
あなたのその声と
黙って見ているその声なき声を支えに続けてきました

よろしければ過去の幼稚で雑な記事もご覧下さい
6年間のシゲキの成長を感じていただける(かもしれません)

感謝の前置きはここまでとして

今回テーマ

まずは幼稚園の記憶

学園前駅ショッピングセンターにあった
「理容スワン」
人見知りする子供時代の私
散髪はあまり好きではなかったんですが
店主のおじさんに時々ほめられました
当時の髪型は坊ちゃん刈り
前髪をまっすぐ切る時に目をつぶります
「おっ!エラいな」
母が途中で帰り一人になった時
「一人でエラいな」
子供心にも
「そんなにエラいのかな」と思ったぐらいですが
どこかくすぐったい嬉しい気がしたものです

時が流れ(ちょっとだけ)

西大寺奈良ファミリー内
「理容グランド」
担当の方の名前が「小林さん」
話しぶりに九州あたりの方言が残る優しいお兄さんでした
よく混む店でしたがマンガを読んで待ってました

さらに時が流れ(すっ飛ばし)

ミフク美容室

シゲキの散髪は現在ここです
通ってかれこれ20年
月に一回のペースです

ところで奈良出身の偉大な政治家奥野誠亮先生は
なんと二週間ごとに散髪されるそうです
身だしなみは相手に不快感をもたれないためのもの
礼儀作法の第一歩なんですね
清潔第一
次におしゃれ
ということです

名古屋につきました
そろそろ終わります

今はもう無い理容スワン
今でも前髪切る時目をつぶると思い出します
ケーシー高峰に似てた店主のおじさん

元気ですか?

次回「歯医者」

長旅

14年10月29日

FJ310235

皆さまこんばんは
今から静岡です

といっても日帰りですが
明日も日帰りで静岡です
国会会期中なんで東京を起点に動いてます
新幹線で一時間
となると日帰り圏になってしまいますね

前回は「秋の果物」
今回は「長旅」です

最近の長旅といえば
2011年の金沢に始まる長旅が印象的です

金沢・岐阜・神戸・横浜
と移動したはずです
用事はそれぞれ
取引銀行の会
社会福祉の研修
大学同窓会
などでした

もしかしたら以前にブログで書いたかも知れません
あの旅で初めて神戸空港を利用しました
中津川から名古屋までローカル線での電車旅もレトロな雰囲気でし
むかしソニーが「旅カセ」という小さなカセットプレーヤーを売り出してました
旅カセの広告を見て大人になったら電車であてのない一人旅をしてみたいと思ったものです

誰でも一度は一人旅に憧れるのかも知れません

冒険心?はたまたセレンディップというのかな?

石破大臣も電車好きだそうです

大学卒業旅行(インド)も新婚旅行(エジプト)も長旅でした
2001年の韓国ミッションも大邱~慶州と長旅でした
2004年ラスベガス世界大会(国際青年会議所)
も思い出深いです
肝臓移植を待つ福田先輩の為に集まった善意の募金
福田憲洋先輩は先日亡くなられましたが
暖かい善意は忘れることはありません
病と闘い生き抜いた先輩のことも我々の記憶に刻まれています
合掌

さてそろそろ静岡
お隣に住宅業界の役員さんが乗ってこられました

旅につきものの「偶然の出会い」です
行き先が同じだから偶然でもありませんが・・・

静岡の食べ物を楽しみにしています
わさび漬けかな

今回は「短旅」でした

次回は書きそうで書かなかったテーマ「散髪」

祝東海道新幹線開業50周年!

14年10月01日

東京駅19番線下にあるプレート

東京駅19番線下にあるプレート

祝東海道新幹線開業50周年!
開業記念日に新幹線からブログ更新です
先ほど京都から乗車しました先日「新幹線の思い出」というテーマで共同通信社の取材を受けました
本日ぐらいにメルマガ配信されていると思います
わかり次第フェイスブックなどにアップします

新幹線誕生と同じ昭和39年生まれの人たちにインタビューして特集記事にするそうです
ちょうど記者の方が奈良県出身ということもあり小林茂樹を取材対象に選んでいただきました
ありがたいですね
以前に新幹線をテーマにブログを書いたのも目に留まったそうです

さて本日のテーマ
「秋の果物」
日々秋の深まりを実感いたします
気候・行事・装い
中でも「果物」は秋が一番ですね
最近は季節感がなくなったと言われますが
やはり旬のものは特別美味しいです

我が家では今年はぶどう・梨からスタートしました
特に梨は豊作だったのかもしれません
甘くて瑞々しいです
石破茂大臣の出身地鳥取県が産地で有名です

奈良県出身者としては
吉野の梨も忘れてはなりません
(岡下大淀町長に教えてもらいました)

そういえば山形の友人にもらった「さくらんぼ」「ラフランス」は最高でした                 「ラフランス」はぼちぼち旬かな

全国各地には果物の名産がありますが                                     まずは地元

次に「東北」を選びましょう
丹精込めて作られた安全で美味しい「東北の果物」をいただきましょう

「国民の叡智の結晶」新幹線に乗って旅行にも行きましょう

次回は「長旅」

夏の伊吹山

14年09月08日

FJ310219石破茂・地方創生担当大臣は、毎週ブログを更新しているようです
超多忙にもかかわらず、流石の発信力
「夏休みの宿題」など身近な話題で、読みやすいものでした
一度ご覧下さい

石破大臣は、今週金曜日(9月12日)午後に来県頂く予定です
下調べのつもりで、HPを確認していた処、
ブログを見つけたという訳です

街頭演説で、シゲキの姿を見かけて「あいつは何者?」
と、HPなど調べて頂けるとありがたいですね

さて本日のテーマは

「東名高速道路」

私にとっては、東京(世田谷)から名古屋を越えて、京都までが一連の高速道路です
近年は京奈和道路が着工し京都~木津も高速道路になりました

いままで何回か走破(大げさかな)してます
大学時代2.5往復(卒業して奈良に引き上げたので最後は片道)
社会人で2往復
同乗者なしの全て自分で運転しました

一番の思い出は、大学二年の夏休みの帰省
免許を取得して半年
中古車を手に入れ
分厚い道路地図を買って綿密に計画

サービスエリアの場所を確認して
「富士川で休憩」「浜名湖で昼食」「養老で給油」など
さらに、各地の到着時間も予測して、無理のない計画をしたのです

ところが、最初の休憩地のサービスエリアではなく、
出口から高速道路を下りてしまう大失敗
「富士川」と「富士」を見間違ったんでしょうね
とにかく真っ青になりました
今でいう「心が折れそうになる」心境です
(大袈裟でした)

やっとのことで、本線に戻りましたが、各地の到着予定時間も訳がわからなくなり
結局計画通りだったのは、浜名湖SAでうなぎ弁当を食べたことぐらい

ヘトヘトになっての帰省でした

走っていて気持ち良いポイントは、なんといっても
静岡県「牧之原」
どこまでも続く直線
両サイドのきれいな緑地帯は茶畑かも
程良いアップダウン
確か東京からだとダウンが多かったかな

運転の難しいのは帰り(下り)の山梨付近
ダラダラ下り坂で、しかも左右のカーブが続きます

ところが、山道から甲府盆地が突然開けて、きれいな夜景が目に飛び込んできます
夜はここが一番かも

最もつらい運転は、大学卒業して奈良に帰る日
風邪気味で体調悪く深夜しかも雨
東名高速は夜間はトラックばかりなんですね
無事帰れたから良かったものの、無理せず車をおいて新幹線で帰るべきでした

最近若者のクルマ離れが話題になっています
高校卒業したら運転免許を取得して
あんな車を買って
こんな所に行って
など我々新人類世代ぐらいは考えたものです
クルマ雑誌もよく読んだものです

移動できる範囲は格段に広がったものの
自分の力(操作・作業・労力)で手間をかけながら見知らぬ土地に旅する
ふるさとに帰る
そんな喜びは追求しなくなっているようです
‘愛車’という言葉も使わなくなりましたね

自動車メーカーの課題は
さらなる安全追求に加えて、再び運転を楽しみとさせる仕組みづくりではないでしょうか

モンゴルの草原を白い馬で駆ける

それとも、何世紀後かにはこんな姿に回帰できるのでしょうか

そろそろ京都
今回も新幹線車中からブログ発信です
長文御容赦

次回「中央高速道路」
(セットものです)

夏の奈良

14年08月22日

自己ルールにのっとり今月2回目のブログです

ブログってのは古いんですか
みなさんやはりフェイスブックですか?
写真に短いコメントの場合、中身が薄い気がします

このブログも足掛け6年、中身が薄くなり飽きられないか心配してます
改めてここまでお付き合いいただいた読者の皆様に感謝
木田さん先日はお邪魔しました

さて今回は「夏の奈良」
前回予告の時点では明らかに「なら燈花会」を意識してたんですが
先週終わってしまいました
しかも私が行った日は「雨」
ボランティアの皆さん、あの日は大変でございました

では「夏の奈良」として『バサラ祭り』を
ちょっと宣伝も兼ね話題にします

第1回は1999年のこと
それまで春日大社に続く奈良市の三条通りでは、毎年「大あんどんパレード」が開催され
それに合わせて色んな団体が練り歩きました
着物姿の女性たちの踊りや小学生のダンスもありました

『バサラ祭り』はそのパレードが進化した形と言ったらいいでしょうか?
初代実行委員長は、商店街でかまぼこ屋を営む(青年会議所の)先輩
この先輩は、1998年に開催された「ならまつり」で催事イベント担当副会長でした
「ならまつり」がその年限りで終わりになることが決まっており
奈良の夏を活性化させる何かを来年やるべきだ
そんな議論が青年団体の代表の間でなされていたのです

一つが『なら燈花会(とうかえ)』
もう一つが『バサラ祭り』です

どちらも8月開催
『バサラ祭り』の場合は、踊るチームの募集が大変だったと思います
また公道を通行止めにしての新しい祭り、
ということで行政関係との許認可交渉も大変だったと推測します

実質的に私がバサラ祭りをお手伝いしたのは初年度のみ
役割は地方車(スピーカーを乗せて飾りつけした軽トラック)の運転でした
バックミラーごしに映るダンスチームのレベルの高さに驚きました
当時は共通のテーマ音楽に合わせてダンスパフォーマンスを行ってました
お面をかぶったり
鳴り子を鳴らしたり
バック転したり

運転の途中で警察の方に「横断幕でナンバー隠れてるから道交法違反やぞ」
と優しく?指導を受けビビりながらも・・・・・

大盛り上がりで拍手喝采
沿道の皆様の前を先頭で運転しながら、少し鼻が高かった事記憶しています
チーム名は確か「倭(やまと)」だったかな

今年の『バサラ祭り』は30(土)31(日)です
ご覧になったことのない、皆さん、
是非ともお出かけ下さい
私も土曜日に西大寺会場の激励に参ります

以上
次回「東名高速道路」

奈良公園の鹿

暑くても元気・奈良公園の鹿

「温泉」

14年08月04日

タツノオトシゴ
英語ではSEAHORSE
FJ310189

今回は「温泉」

季節感のないテーマですが?
夏→海→島→温泉 という展開です

多忙な父が企画したよその家族との合同旅行
後にも先にもあれだけ

私は当時小学校四年生
行き先は三重県の鳥羽から船ですぐの「答志島(とうしじま)」
嘉藤・小林二つの家族が勢揃い

夏休みに海に行ったのです

泊まったのは温泉旅館
所々変色した朱色のカーペットが敷かれた廊下が目に浮かびます
そして出迎えてくれたのは、初めて目にする「船虫」

嘉藤家は男・男・女
小林家は女・男・男・男
と、子供は乳児・幼児・小学生です

私は先方次男と意気投合 浜に出かけて蟹を追いかけたり
ウルトラマンの絵を描いてみせたり
泳いだりした 微かな記憶があります

ところが小さな事が原因で、別れ際にはケンカしていたように記憶していますが
先方は忘れたそうです
もしかするとセミの抜け殻の取り合いがケンカの原因だったかも
あの頃は家族みな元気だった、末弟はまだ乳児

あの夏からちょうど40年、双方とも大黒柱の父は他界しています

いつかまた行ってみたい答志島
陽水の「少年時代」が遠くから聞こえてきます

どうか皆さんも良い夏の思い出を家族で作って下さい

以上
次回は「夏の奈良」

偶然の出会い

14年07月22日

清風高校クラス会です
(更新したぞ中村)
FJ310193

久しぶりに近鉄奈良線車中にてブログ作成です

今回のテーマは「偶然の出会い」

まずは父親編

北海道に旅行していた父
温泉で見知らぬおじさんから
「あんたらどこから来てんねん?」と関西弁で声かけられ
「奈良からです」
と答えたところ
「あっ茂市っちゃんや!」
と言われたそうです
見知らぬおじさんとはもちろん初対面
茂市とは私の祖父の名前

祖父と父がそれほど似ているとは 私も思いませんが
典型的な不思議な出会いとして この話をよく父がしていました
祖父に間違われたのが少し嬉しかったのかも知れません

電車でよくある偶然の出会い
茂樹編

昨年新幹線で稲盛和夫氏に会いました
知り合いではなく一方的にこちらが知っているだけですが
「ご講演ですか?」と尋ねたところ
微笑みながら
「JALや!」
の一言

難しいお仕事をされているんだなあと その笑顔に教えられました

そういえば年初には
レッドソックスの上原投手を新幹線で見かけました
安倍総理に挨拶に行ったことを翌日の新聞で知りました

新幹線に限らず 飛行機や地下鉄
これまでにも多くの人と再会してきました

電車で久しぶりに先輩友人に会うのが年を重ねるにつれ ありがたく感じるようになりました

最大の偶然は何だろうと考えてみました

三位
北海道の車内で大学時代の軟式野球の先輩に会ったこと
たまたま車両を変わったので会えました
お互い出張先でした

二位
伊丹空港で小学校の同級生夫妻に再会
手荷物検査付近で遭遇
先方はなんと新婚旅行でした

一位
有馬温泉で風呂に入り頭を洗っていた
おじさんと茂樹

おじさんはお孫さんと会話しながら 頭を洗っています
どこかで聞いたことのある声だなと思いながら
頭を洗い流してお互いびっくり

父の友人でもある会社社長です
あの時はお互い驚きました
隣り同士頭洗ってた訳です
奈良から来た二人が 何にも知らず有馬温泉の風呂で…

「おじさん」「温泉」
どうやら父と私の共通ポイントのようです

今回は以上です
次回テーマは「温泉」

「ビール」

14年06月30日

今日はジャケットとシャツもブルーでした

FJ310159

今月三回目のブログ更新です

新幹線でほっと一息ビールを飲む光景をよく見かけます
わりと500ml缶を飲む人が多いように思います
なかなかワゴン車が来ないことがありますから、気持ちはわかります

既に書き始めた今回のブログ

テーマは「ビール」

今月号の日経新聞「私の履歴書」アサヒビール・福地元社長
ひと月間執筆お疲れさまでした
角界不祥事に端を発する大相撲生中継の見送り
NHK会長としてとても難しい判断をされたことは印象深いです

スーパードライのヒットで樋口・瀬戸社長に脚光が当たった後に、
地道な営業や生産管理に取り組まれた福地体制、
その後も引き続き業績を伸ばされている理由がわかります

私が大学生の頃よく通ったカレー専門店が都立大学駅近くにあり
店に置いてたのが「アサヒビール」
ラベルが途中から変わったのもそのカレー屋さんで知りました
味がどう変わったかは正直よくわかりませんでした
(ラベルはカッコ良くなった)

その後、三年経ち近くの酒屋で真っ白なデザインの缶ビール
「オールモルト」がアサヒから発売され
この味はすごいと思いました
みな同感だったと思います
その後少しあっさり目に改良され発売
それがスーパードライです
それにしてもロングセラーですよね

今はCM出演は福山雅治でしたね
松坂大輔も出てたかな

私が大学生だった頃から、なぜかビール会社が常に就職人気企業だったことを記憶してます

キリンビール
サッポロビール
サントリーは人気首位を争ってたかな

ビール好きでは仲間には負けなかったけど
だからといってビール会社就職活動は考えなかったです
好きこそものの上手なれ

ちょっと言葉の使い方は間違ってますが、商品・業界に愛着を持つことは、
勤め甲斐といった意味ではとても大事なポイントです
入りたい企業より、入りたい業界をまず目指してほしい
と、若い学生には望みます

さて
好きなビールを気の置けない友人と飲むのが楽しみな季節になりました
個人的にはよく冷えた『一番絞り』が好きです

皆さん、屋上ビアガーデンが待ってますよ!

ただし、飲み過ぎにはお気をつけ下さい

以上
次回は「偶然の出会い」
変なテーマ!

東北視察

14年06月25日

通常国会が終わって昨日まで
自民党国際局派遣で韓国ソウルを訪問しておりました

今から宮城県気仙沼へ震災復興の視察に参ります
一ノ関下車です